一番おちつける住まい

住まいの位置づけは人によりけりだと思います。

一番おちつける住まい 住まいは本来は帰るべき場所、守るべき場所、家族が待っていたりして素の自分をさらけ出し落ち着ける場所、快適快眠の出来る場所のように思います。ですが、様々な仕事上その他の事情により必ずしも住まいの位置づけは皆同じではなくて、人によりけりだと思います。

特に家族が居なくて単身であれば身の回りの必要なもの、自分の持ち物がありそこへ帰ればいつでもくつろげて眠れてお風呂に入れてと言う所で、その必要な物さえあれば必ずしも住まいは一つ所でなくても大丈夫、むしろその時々で移動した方が便利な場合もあります。過去の作家さんの中でも宿を転々としながら作家活動を行っていた方もいたかと思いますが、そのような方にとっては移動していた方が色んな刺激もあり、良かったのだと思います。

そうかと思えば逆に、必ず同じ場所でないと落ち着かないと言う人もいると思います。これは家族が居ても居なくても決まった場所に帰ること、同じ寝床で寝ることが大事で、環境が変わることが落ち着かないのです。このように、住まいは人それぞれの位置づけがあり、個人差もあるので住む人が一番落ち着くように利用活用して行けば良いと思います。とは言え、あちこちに生活が分散すると費用的にはかかるので、昔ながらの同じ場所に代々住み続けるようなことのが財産面で考えると良いのかもしれません。